Home > 当事業について >キャリア構築例

キャリア構築例

 
研修参加前
海外実務研修
研修終了後のキャリア
荊尾 遥さん
<平成19年度1期生>
応募動機……………………………………
平和構築が、軍縮を行うに際しての基盤となり、さらに自らの視野を広げることもできると考え、応募しました。また、各国の研修員と切磋琢磨できる点にも惹かれました。

津田塾大学大学院にて国際関係を学び、在学中に国連本部軍縮局においてインターン経験を得て大学院修了後、NGO勤務。
国際民主主義選挙支援研究所(International IDEA)アフリカ地域事務所で、選挙・民主化支援分野での経験を積む。
在オランダ日本大使館で4年間、専門調査官として科学兵器禁止条約を担当。その後、国連アジア太平洋平和軍縮センター政務官。現在は広島県平和推進プロジェクト・チーム平和推進アドバイザー。
竜野(福島)葉子さん
<平成20年度2期生>
応募動機……………………………………
民間企業での勤務経験と修士号はありましたが、フィールド経験がなかったため応募しました。

大学卒業後、外資系IT企業において6年間、ITサービス等の購買業務に携わる。退職して国連平和大学にて国際平和学の修士号を取得
WFPケニアオフィスにて食糧調達業務に携わる。
内閣府国際平和協力研究員を経て、WFPローマオフィスにて調達官(JPO)として勤務。現在、WHOコペンハーゲンオフィス調達官。
今井(金山)夏子さん
<平成20年度2期生>
応募動機……………………………………
国連機関へのエントリー・ポイントへの支援が手厚いこと、講師陣が幅広く包括的なカリキュラムであることが魅力でした。

大阪大学大学院国際公共政策研究科博士号取得。博士後期課程に在籍中、インドネシアのNGO、留学先のウガンダのNGOなどで職員として活動。
UNDPシエラレオネ事務所にて、ガバナンス・ユニットのプログラム実施支援、復興段階に向けた新規プロジェクトの移行・開発の補助など幅広い業務に従事。
UNDPシエラレオネにて正規職員として契約を更新し、青年の能力開発などを担当した後、UNDPアフガニスタンにて選挙支援とジェンダーを担当するユニット長として勤務。現在は国連大学サスティナビリティ高等研究所プログラムアソシエイト。
上城 貴志さん
<平成21年度3期生>
応募動機……………………………………
特にPKOなどのフィールドでの活動や主な機関での勤務経験を積みたいと考えました。

大学卒業後、6年間外務省職員としてスペイン、エクアドルで勤務。南カリフォルニア大学で公共政策管理学の修士号を取得。アメリカの都市計画NGOなどでの勤務を経て、UNDPエクアドルオフィスにて災害危機管理・コミュニティ開発業務にUNVとして従事。
スーダンおよび南スーダンのPKOミッション(UNMIS, UNMISS)にて帰還・再統合・回復業務を担当。
*PKO(国連平和維持活動)へは本事業修了扱いで派遣されます。
名古屋の国連地域開発センターを経て、ICRCデレゲートとして勤務開始。ミャンマー・シトゥエオフィスの後、現在ICRCアフガニスタンオフィスで勤務。
副島 知哉さん
<平成22年度4期生>
応募動機……………………………………
大学院では強制移住学を専攻しUNHCRの難民・国内避難民政策の研究をしていたので、その経験をフィールドで活かすための第一歩として応募しました。

オックスフォード大学院難民研究所「強制移住学」修士号取得。UNHCR東京事務所にて広報渉外部門のインターン、NGO HCCPウガンダ・ラカイ事務所にて教育企画部門のインターンとして人道開発援助に従事。
UNHCRケニア・ダダーブ事務所にてコミュニティ・ユース・オフィサー(UNV)として勤務。主にソマリア・スーダン・エチオピア難民などを対象に、難民キャンプでの青少年の育成、青年団体の組織、コミュニティの自立などを支援する。
UNHCRケニアでのUNV契約を延長後、UNHCRレバノン・ベイルート事務所にてアソシエイト・プロテクション・オフィサー(JPO)として勤務。主にシリア・イラク・スーダン難民を対象に、不法滞在などを理由に拘留された難民の支援、シリア・レバノン国境で入国を拒否された難民の支援などを担当する。
中原 隆伸さん
<平成23年度5期生>
応募動機……………………………………
前の職場には満足していましたが、30代も半ばに近付き、学生時代から持っていた『世界の紛争国・貧困国の現場で助けを求めている人の支援を最前線で行いたい』という想いで応募しました。

大学卒業後、民間企業で3年間の勤務。退職してブラッドフォード大学大学院で平和学修士号を取得。その後、パレスチナのNGOにて約2年間ファンドレイジング業務、財団法人にて2年半の調達業務に従事。
IOM南スーダンオフィスにて人道支援分野の中でも国内避難民を対象にした簡易シェルター及び蚊帳、毛布などの生活必需物資(Non-food Items)の配布に携わる国連機関・NGO等団体の調整業務に携わる。
イタリアの人道・復興支援NGOであるINTERSOSで南スーダンを中心にシェルター/Non-food Items支援業務に従事。
伊藤 重之さん
<平成24年度6期生>
応募動機……………………………………
それまでの職務経験と異なる分野に転職するにあたり、国内研修と海外実務研修がセットになっているコースが魅力的でした。

アメリカのロースクールを卒業後、金融案件を専門とする弁護士としてニューヨーク、東京で勤務。
ラオスの国連薬物犯罪事務所(UNODC)にて犯罪防止チームの一員として人身売買、腐敗、テロ防止などのプロジェクトに従事。
UNDP本部 政策・プログラム支援局にて法の支配、司法およびセキュリティチーム プログラムアナリスト(JPO)として勤務。
相良 祥之さん
<平成24年度6期生>
応募動機……………………………………
国連の平和活動(PKO・特別政治ミッション)もしくはそれらが展開する紛争(後)国においてフィールド経験を積みたいと考えました。

大学時代に国際政治や安全保障を勉強したのち、IT系企業に就職し、新規事業開発や事業提携における交渉やプロジェクトマネジメントを担当した。働きながら 大学院に通い、国際紛争や国連の平和活動について研究。その後、国際協力機構(JICA)本部に転職。民間企業およびJICAにおいて合計8年間ほど実務 経験を積んだのち国際機関へ。
国際移住機関(IOM)スーダン事務所に選挙支援担当官として赴任。途中で事務所長室にうつり、事業開発担当官として新規プロジェクト立ち上げ、日本政府やEUなどドナーとの連携、ダルフールにおける人道支援や平和構築案件の実施などを担当した。
引き続きIOMスーダン事務所でコンサルタントとして1年ほど勤務。JPO試験に合格し、2015年から国連事務局政務局(DPA)政策・調停部。
益子 萌さん
<平成25年度7期生>
応募動機……………………………………
JICAシエラレオネ事務所勤務中、次は国際機関に身を置きながら更なるフィールド経験を積みたいと思っていたため、UNVとしての12ヶ月間の海外実務研修がエントリーポイントとして最適と考え、応募しました。

カナダの大学院に在学中、国連本部でのインターンシップを経験。卒業後は世界銀行本部、JICAシエラレオネ事務所などにコンサルタントとして勤務。
UNDPジンバブエ事務所にて、平和構築担当官として勤務。平和調停委員会の運用化、国の長期的な民主ガバナンス(統治)強化を支えるべく委員会メンバー及び関係省庁の能力強化、平和と民主ガバナンスについての啓発活動、ワークショップなどを行う。
ニューヨークの国連事務局人道支援調整部(OCHA)にて、JPOとして勤務中。スーダン担当として、ダルフール紛争、南コルドファン州及びブルーナイル州での人道アクセス問題などに取り組んでいる。