Home > 当事業について >実施体制-HPC

実施体制-HPC

 広島平和構築人材育成センターは、平和構築分野の人材育成、調査・研究事業などを実施するために、平成23年度に設立された一般社団法人です。外務省の委託を受け、平和構築・開発におけるグローバル人材育成事業を実施しています。
 「平和構築人材育成事業」が平成19年度に開始された際、現HPC代表理事の篠田を事務局長として、外務省との間の主契約者となった国立大学法人広島大学が、「広島平和構築人材育成センター(HPC)」を設立しました。その後、円滑に事務局機能を整備するために、最初の二年間は広島大学を補佐する役目を担っていたNPO法人ピースビルダーズが主契約者として、HPCを運営することになりました。さらに対外的に実施者を明確化させるために、平成23年度には、HPCは一般社団法人として独立することになりました。HPCは平成19年度より計8年にわたり同事業の実施を担いました。

スタッフからのメッセージ

ロゴについて

HPCのロゴは、不死鳥を象ったもので、奇跡の戦後復興を遂げた広島で、紛争後の国を支援する平和構築のプロを育成するというHPCの精神を象徴しています。