Home > 当事業について >実施体制-UNV

実施体制-UNV

 国連ボランティア計画(UNV)はボランティアリズムを通じて世界の平和と開発に貢献する国連機関です。ボランティアリズムは開発のペースや性質を変える力を持っており、社会全体とボランティア個人に対して利益をもたらすものです。UNVは地球規模のボランティアリズムの啓発、ボランティアリズムを開発計画に融合するためのパートナーとの連携、そしてボランティアの動員を通して、世界の平和と開発に貢献しています。

 UNVは平和構築・開発におけるグローバル人材育成事業のプライマリー・コースの共同事業実施者として海外実務研修の運営に関わっています。

国連ボランティア計画 事務局長 オリビエ・アダム氏
人々の生活を変革する力を持つボランティアリズム

 平和の恩恵を受けること、あるいは参加型の社会、経済開発を進めることが極めて困難である地域や国において、ボランティアリズムは主要な役割を担っています。ボランティアリズムは緊急支援から復興までの移行を促進し、また脆弱な環境が慢性化しているコミュニティのキャパシティを強化する上でも重要な要素となってきます。
 広島平和構築人材育成センター(HPC)と国連ボランティア計画(UNV)は互いに協力し文民専門家をグローバルなレベルで活躍する人材へと育成することを目的とし、「平和構築・開発におけるグローバル人材育成事業」を実施しています。事業は任地においてだけではなく自国においてもボランティアリズムを促進する人材を育成すると同時に、相互的な連帯が強まる世界において必要とされる豊富なキャリア、そしてリーダーシップを養成する機会を提供しています。
 国連ボランティア計画は平和構築・開発におけるグローバル人材育成事業を通じて世界の最も困難といわれる地域における経済開発や平和構築に貢献しているボランティアをとても誇りに思っています。今後のキャリアを構築する段階にいる若い人々にとって任地での経験は貴重なだけではなく、より自身の志を高めることとなるでしょう。彼らは任地での貢献以上に異なる文化、異なる国で生きる人々と共に暮らし、そして仕事をするというなにものにも代えがたい経験をするのです。